忍者ブログ

メディカル転職まとめブログ!求人の集積地

便利な転職サイトを有効活用!

転職をするときって、誰でも用意を周到にするものですよね。健康状態が悪くなって、とか急な引っ越しで、という場合は少し違いますし、職場の劣悪な環境に耐えられないから今すぐにでも辞めてしまいたいというときも例外ですが、ほとんどの場合は収入が途切れる期間を少しでも減らしたいと思うでしょうから、転職を考え始めた時点で次の職場探しをするはずです。今はハローワークや職業あっせん所などの事業所に赴かなくとも、インターネットで簡単に職探しができるため、スマホを持っている人はお昼休みや家での空き時間などの自分の好きな時間にいつでも求人情報を見ることができます。そしてインターネットエントリーができるようなサイトも増えてきていることから、昔のように書類を通さなくても次の仕事が決まるということもできてしまうのです。さらに、職業別にサイトを運営している企業もあるので、医師や看護師などの医療関係者専門であったり、プログラマーやSE向けの就職サイトなんかが続々誕生しています。そういった専門的職業の紹介サイトでは、細かく仕事内容を分類してタグ付けをしているため、より希望に沿った就業形態や仕事内容を選んで応募することができます。また、忙しい医師向けのサービスとして、有料ではありますが再就職先への交渉や連絡をすべて引き受けてくれるというところもあります。ジョブマネージャーと呼ばれるコンサルタントが医師のプロフィールをまとめ、勤務地や勤務環境の希望をもとに候補を選定し、実際に転職したいとの要請があればマネージャーよろしく病院まで出向いて行って交渉をするというシステムです。こういったサービスはかなり好評を博しており、今後医師のみならず多くの職業でサービス展開されていくでしょう。
PR

医療関係者向け転職サイトとは

最近の医療関係者向けの転職サイトの動向についてお伝えします。まず、前提として対象のサイトは医療関係のみを扱う転職サイトのみとしますが、この場合の医療関係というのは薬局も含みます。具体的な職業としては医師、看護師、准看護士、検査技師、薬剤師などを筆頭に、医療事務や清掃員、調理員や栄養士、リハビリ指導員やケアマネージャーなど多岐にわたる職業を網羅しています。勤務地としては北は北海道から南は九州まですべてをカバーしていますし、働き方としても正社員はもちろん、派遣やパートなどでも調べられるようになっています。使い方は簡単で、パソコンからでもスマホからでも利用が可能、しかも完全無料なのがうれしいところです。どうして無料で運営できるのかというと、情報を載せることで病院などの雇用側から掲載料をもらっていることと、サイト内に挿入されている各種広告表示から収入を得ているからです、特に広告に関しては、ここは医療関係者のみが見るサイトという特殊性があるため、広告を出す側もピンポイントで対象が絞れるのでかなりの人気があるそうです。そういった相互利益が成り立つことで、求職者には利用料金を負担させずに利用が可能になるというシステムとなるのですね。たとえば医療関係者でしたらすでに資格をお持ちの方が多いと思うので、おのずと職業は限定されますが、逆に多くの求人の中から探しやすくなるという側面もあるのではないでしょうか。まずは年齢と保持している資格を入力し、希望勤務地などを入力するだけで簡単に求人検索が可能なのです。その他、給与や休日などの待遇なども明記されていますので、しっかり確認してから応募するという流れになります。

医師が転職するにはどうしたらいいの?

人は仕事をしてお金を得ることで社会的な地位を得たり生活の資金を稼いだりして生きていきます。現実的に、自給自足の生活も完全に金銭と分断されることは難しく、誰もが社会と何らかのつながりを持たなければいけない世の中といえるでしょう。特に仕事を持つことは生きがいや満足感なども得られるため、一生を通じて同じ仕事や責任のある仕事を持つことは精神的にも価値のあるものであるといえます。責任のある仕事というとまずイメージされるのは医師ではないでしょうか。医師は人の生命にかかわる仕事ですから、絶対にミスや怠慢は許されない職業でもあります。医師になるまでにも多くの勉強や実習を積み、国家資格に合格した者だけがなれるという狭き門です。上記のように人の生命にかかわるのですから勉強も実地研修もやりすぎということはありませんし、不測の事態に対しても臨機応変な対応ができるメンタルの強さも必要になってきます。さらに、夜勤や緊急呼び出し、長時間の勤務などがあるため体力も必要になってくるのです。もちろん、病気が完治した患者さんや家族などには感謝されますし、人の役に立っていると実感しやすい職業でもあります。しかし、反対に病気が治らないまま亡くなったり、つらい治療を受けている患者さんに感情移入したりと責任が重くのしかかることもあります。そんな状況耐えかねて転職する医師もいますし、職場を変えるなどの異動を検討する医師もいます。上司や教授に相談する場合もありますし、転職サイトなどで自力で次の職場を探すこともあり、転職に関しては一般職とそう変わらない状況が見て取れます。満足感の十分に得られるような職場を目指し、医師も実は職場を転々としているのです。

実際どうなの!?お医者さんって。

医師といえば昼夜問わずの勤務、休日も呼び出されて生死にかかわる仕事をしなければいけないという激務で有名ですね。それだけの報酬はありますが、やはり精神的にも身体的にもストレスの多い職業ですので、異動や転職など理由はそれぞれですが意外と職場を転々とする人は多いようです。例えば、女性の医師で結婚や妊娠を機に診察や治療などの業務から裏方に回ったり、研究職に一時的に配置換えをしてもらうなどはその上司などの裁量にかかっている部分が多いのです。職場の環境的にも先達の先輩がいるかどうかや同僚の働く女性へ対する意識など、さまざまな障害があります。もちろん、女性にとって働きやすい職場ももちろんありますので、そういったところを積極的に打診し、働きやすい職場に落ち着けるように努力することは大事です。転職や異動は主に所属する医局や懇意にしている教授などの紹介が大多数ですが、意外にも転職専用のインターネットサイトで次なる職場を探す人もいるのです。転職サイトのメリットというと、自分のわがままな要求も検索することができたり、日本全国どの職場でも検索対象となるのも大きな点です。自分の理想とする職場を探すためには、人間関係にこだわらずに自分のキャリアアップや目指すものを確固たる信念として貫くのも大事です。ですから、しがらみのないインターネット転職サイトを利用する人も多いのですし、有料のサービスですが、条件の交渉や転職の事務手続きなどの煩雑な処理も請け負ってくれるサイトもあるため、忙しい医師などにも好評なのです。利用者が多いことも信頼につながると思いますので、もし身近に医療関係者がいて転職を考えているときは、転職サイトという選択肢もあるということを伝えてみていただけないでしょうか。

お医者さんの職業事情

お医者さんというと、くいっぱぐれがなく一生安泰な職業と思われがちです。たしかに、国家資格を有している立派な職業ですし、一般の会社勤めの人よりも給与は高いことで知られています。ですが、職場環境が必ずしもいいといえないのが現状であり、さまざまな理由で離職したり転職したりということは珍しいことではないのです。
医師が転職や離職を考えるタイミングやきっかけとしては、まずは自分自身の体調の問題があります。医師だっていつも健康とは限りません。むしろ、激務の部類に属しますので健康を損ねる医師も多くいるのです。若いことや無理をすることで何とかやり過ごしていても、突然病魔に襲われるということもあり、治療中はいったん離職をし、完治後に復帰や再就職などをすることがあります。
また、体の病気でなくとも、心の病気や人間関係のもつれ、労働環境への不満などの職場環境の不一致により転職を考えることもあります。医師はひとりでは治療を行えません。ほかの医師や看護師、検査技師やその他の多くの病院スタッフとの円滑なコミュニケーションをもってして、はじめていつもの業務が行えるということなのです。ですからそういったコミュニケーションがうまくいかない場合や、どうしても馬が合わない人がいるなど、本来の業務である治療や診察に支障をきたすようであれば転職を考えることもあるでしょう。このように、医師にも転職サイトの需要は十分にありますし、専門サイトともなるとかなりの頻度で多くの人に利用されているのです。面倒で煩雑な手続きを一任できるサイトもありますし、パソコンさえあればいつでもどこからでも求人を探すことができる手軽さは、激務の医師にこそ重宝されているのでしょう。